前へ
次へ

閉店セールを良く行う店は違反ではないか

商店においてセールなどを行うのはよくあることでしょう。
いつもよりも安く販売すればそれによってお客さんに来てもらえます。
定例のセールであったり改装のためのセールなどをするときがあり、セールを狙って買いに行く人もいるはずです。
さらに狙い目のセールとして閉店セールがあります。
個人経営のお店などが閉店するとき、もし在庫が残っていたらその店はそれをすべて廃棄するなどするしかなくお金が残りません。
それなら大幅な値引きをしても買ってもらう方がいいため、一般的なセールよりも値引き率を高くして販売してくれます。
客としても通常よりも安いと考えてお店に行くでしょう。
あるお店は閉店セールをしても営業を続け定期的に閉店セールを打ち出してお客さんを呼んでいます。
この行為が法律上問題ないかですが、不当景品類及び不当表示防止法において違反になる可能性があります。
ただ安売り店を強調するために日常的に閉店セールと書いているなら不当表示に当たらないときもあります。

Page Top